baserCMS

NEWS RELEASE 新着情報

神奈川県大和市へ

長らく更新していませんでしたが、初議会も終りあわただしい毎日を過ごしていますが、このたび議員としてはじめての行政視察にまいりました。「放課後寺子屋やまと」この実情を視察することとし、11月4日午後発~5日夕帰益とハードなスケジュールではありますがいってまいりました。

5日の10時からの視察時間に合わせ7時半にはホテルを出発し、大和市議会事務局馬場様のお出迎えをうけ、大和市役所へ。議会事務局小日山次長様より歓迎挨拶をいただき、教育委員会教育部指導室 指導担当桐ケ谷指導主事、同 板坂主任指導主事両氏により取り組み状況の説明を受け、質問する流れでの視察でした。

やはり都会ならではの課題もあるようで、第三次産業就業人口約70%、総面積27km2のなかに人口約23万2千人が生活している。(人口密度8600人/km2)益田市65人/km2の132倍と過密状態での居住空間であり、空き屋対策の心配もなく、人口も拡大傾向にあるとのことではあるが、生産人口割合はやはり益田市と変わらない状況であり将来の高齢化対策はさけられないようである。

益田市の学力向上に向けての取り組みとしても参考にすべき事業の一つには間違いないです。現在の益田市の財政状況の推移を見守りながら提案していきたいとおもいます。

大和市におけるもう一つの課題は、「米国海軍厚木基地」をかかえていることです。この問題はこのたびの視察目的外ですのでお聞きいたしませんでしたが、いろんな意味で大変重要な事案であることには間違いないと推察するところです。

視察にあたりまして、大和市議会事務局の皆様には大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。