baserCMS

NEWS RELEASE 新着情報

2020年12月議会一般質問

1.GIGAスクール構想と教育ビジヨンについて
 

1)GIGAスクール構想

 1-1.教育ICT高度化対応について

   1–2.小中学校の通信環境整備の取り組み

2)教育ICT推進における課題と対策

 

3)地域や学校における格差是正の取り組みと対策

 

4)プログラミング教育の推進について

 4-1.EdTech導入実証事業について

 4-2.市内中学校の受け入れ体制と今後のスケジュール

 4-3.経産省EdTech活用メリットについて

 4-4.教員の専門性への取組指導について

5)未来の教育ビジョン達成にむけての体制づくり

 
以上の質問でした。以下主要な部分を抜粋して掲載しております。

12月議会におけるこのたびの質問は、益田市情報化推進プランとGIGAスクール構想についてであります。この2つの質問は、新たな日常の営みを取り戻すための施策として、今後の益田市にとって非常に重要な事案であると私は捉えての質問であります。

 現在、総務省において、日本経済の成長と国際社会への貢献として、ICTを活用するICT成長戦略会議を開催し、1つ、社会実装戦略(くらしを変える)、2つ、新産業創出戦略(新しいモノをつくる)、3つ、研究開発戦略(世界に貢献する)、この3つの戦略的検討を行ってきているところであります。

 そのような中、内閣府でも「経済財政運営と改革の基本方針2020~危機の克服、そして新しい未来へ~」を令和2年7月に閣議決定してきているところであります。

 その第3章1項に、新たな日常構築の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備、デジタルニューディール、2項では、新たな日常が実現される地方創生、3項には、「人」・イノベーションへの投資の強化、新たな日常を支える生産性向上など、その他5項目にわたって記載されております。

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、我が国の経済財政がグローバル危機に直面し、感染症拡大で浮き彫りになった各分野における取組の遅れ、課題やリスクを含め、ポストコロナ時代の新しい未来に向けて新たな日常の実現を、10年かかる変革を一気に進めると、国は基本方針として取り組んでいるところであります。

 ならば、地方自治益田市として、10年早まる施策をどのように捉え、財政計画を含め構築、運営していくのか。このことは非常に重要な課題戦略であり、地方における政策戦術と私は捉えており、同僚議員も感じており、このたび多くの質問があるところであります。

 現状の益田市では、少子高齢化、人口減少、生産性の低い地域社会の中にあって、新たな日常を通じた質の高い経済社会の実現に向けた取組をどのようにすべきか、議員として考えるところであります。

 私の信条は、地域づくりはしごとづくりであり、仕事なくして生活はできません。地方における実態をしっかりと把握し、国はしっかりと戦略を練っており、益田市としての10年をしっかりと見据えた戦術の構築が必要であり、とりわけ情報分野においては、行政、福祉、教育、産業、防災など多岐にわたり地域行政の根幹となる行政システム構築が必要になると私は思っております。

 現在、2040年を見据えた第6次益田市総合計画策定中のようですが、このたびの質問では、加速度的に進むであろうデジタル社会を見据え、推進の根幹となる未来の通信環境整備における情報化推進プランに、地域行政とGIGAスクール構想の教育分野についての質問であります。

 まず初めに、壇上からは、平成29年、2017年2月に改訂版として出された益田市情報化推進プランについてであります。

 5か年計画における基本施策として掲げたブロードバンド環境による地域情報化の実現、効率的かつ効果的な行政サービスの提供、情報システムの充実、大きく3つの目標年度が2021年となっており、1年を残した現在、これまでどのような通信環境システムを構築推進され、どのような益田市の未来を目指して取り組んできたのか、壇上より市長への質問といたします。


回答)益田市情報化推進プランは、平成19年7月に策定し、その後、急速な情報通信技術の進展に対応するため、平成29年2月に改定いたしました。このプランでは、今後さらに進展する情報化社会への対応と、安全性を確保しつつ、市民社会の福祉の向上と行政事務の効率化、高度化を図ることを目的と位置づけており、基本施策を大きく地域の情報化と行政の情報化の2本を柱として構成しております。

 それぞれの進捗状況は、まず地域の情報化として、情報通信に係る地域間格差を解消するため、携帯電話基地局として5か所に鉄塔を整備いたしました。また、災害時避難所での情報収集や発信の手段確保をも的とし、Wi-Fi環境を令和7年度に7か所整備し、令和2年度では24か所の整備を進めているところです。

 次に、行政の情報化の進捗状況としましては、災害時における市民の皆様の個人情報の安全確保を目的として、平成29年3月から福祉系システムのクラウド化、平成30年3月には住民記録や税情報等の基幹系システムのクラウド化を実施しました。

 また、島根県内の自治体で構成するしまねセキュリティークラウドの運用が開始され、益田市も参加することで、個人情報漏えい等の危険防止のための対策を講じております。

 その他、セキュリティー強靱化として、庁内のネットワークをインターネットから分離し、安全性を高めております。

 このように地域の情報化、行政の情報化の2本の柱として掲げる関連施策の充実を図ることで、益田市情報化推進プランに目標と掲げる姿の実現を目指してまいりました。

 以上です。
 

 問)今の情報機器の耐用年数を含めて、セキュリティーのバージョンアップを繰り返したら、大体4年から5年程度の機器の更新が必要であると。一般的には生徒には年代によっての学びの府病状が生じることのないように取り組んでいかなくてはならないと思っております。市内の全学校の情報機器の保守点検、整備、買換え時期などを念頭にした年次予算計画を策定して、計画的な取組により事業推進を図っていただくことをお願いしておきます。

 次の質問ですが、通信環境についてであります。

 通信機器の質問ですが、GIGAスクール構想において、1つ目は、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質、能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現する。2つ目に、教師、児童・生徒の力を最大限に引き出すとされております。

 質問のきっかけは、私、地元の小学校に参観に行きまして、デジタル授業を参観しました。ここでかなり通信環境の悪さから、生徒が画面が出てくるまでに待っとるわけです。この時間が非常に長い。そうなってくると、やはり勉強のスピード、速度がかなり遅くなって捉えられました。本当、こんな状況下の中で公正に個別最適化され、資質、能力が一層確実に育成できる環境かと言えるような疑問を持った次第でございます。

 これは一つには、やはり通信環境の脆弱であり、学校内に限らず、生徒1人1台学習コンピューターの配付、各学校への高速通信ネットワーク整備が不十分な環境の中で、今後起こり得るであろうコロナ禍による臨時休校などの対応、先般同僚議員の質問にもありましたが、教育における学びを止めない学校内通信環境整備が必要であると思います。

 益田市情報化推進プランにおける今後の改善計画はどのように考えておられるのか、お尋ねいたします。

 

回答)現在の通信環境は、他校の利用状況に大きく影響を受けてしまうものとなっており、議員がおっしゃいますように、スムーズな授業進行に支障を来す場合もあることは、各校からの報告により把握しておるところでございます。

 この問題を解決するために、市内中心部に位置する大容量の光回線が活用できる学校8校については、学習活動やビデオ通話など校務系データ以外の通信を直接インターネットにつなげ、他校への影響を極力抑えていくことを目指して、8月補正にて予算を措置しているところでございます。

 ただ、これは現時点で取り得る応急的な対応であります。将来的には国や県の方向性を把握するとともに、情報政策課などと連携して、市内全域の通信環境の更新状況等も見極めながら、よりよい通信環境を選択していきたいと考えております。以上です。

問)現状ではイントラネット上の中でデータを管理しとるということなんで、外部に漏れることはないと思っておりますが、これから今言ったようにクラウド化されて、どこに接続するのか分かりませんけど、情報を管理するためのパスワード、暗証番号はあるんですけど、その階層の権限のある、権限を分けて取扱いができるようになってないと、非常に情報漏えいにつながる可能性がありますので、管理者権限がサーバー上の一番ネックになる部分であり、そこら辺のマニュアルづくりに関しては十分配慮いただいて、適正なマニュアルを作成していただくことをお願いしておきます。

 次に、体制についてでありますが、文部科学省では、令和3年度予算要求で新規に新時代の学びの基盤となる通信環境整備を上げております。これは令和元年6月に、新時代の学びを支える先端技術活用推進計画において、2022年度から学術情報ネットワークSINETが、初等中等教育への開放が示されております。希望する学校が活用できる設備を準備することで、GIGAスクール構想におけるICT環境整備と併せ、学校のICT活用を推進する将来像を描いているところであります。

 ただし、全国30拠点あるSINETノード、ノードとは接続拠点のことでありますが、このノードへの接続回線やデータラックなどの費用は自治体が負担しなくてはならないようですが、国内独自のネットワーク回線であり、接続費用、維持管理を含め、投資費用などの調査は今後必要でもありますが、障害に強い信頼度の高いネットワーク環境であることは間違いないようであります。

 政府は、地方自治の情報システムの仕様を統一し、2025年度までに実現を義務づける新法を定め、予算は基金の積立てで行うことなども発表されている現実があるところです。

 このように今後の通信環境構築への取組、対策対応がいかに複雑かつ重要な取組であるか、市民の皆様にも理解していただきたいところであります。

 地域で学びの環境が整えば、次は指導体制になります。文部科学省では、ひとづくりこそ国造り、新たな日常、人生100年時代、Society5.0の到来を見据え、誰にでもチャンスあふれる国へと変え、未来を切り開く先行投資を行うと掲げております。新年度約4兆3,000億円の概算要求をしており、学級編制標準引下げですね、これも含め初等中等教育改革として指導体制の計画的な整備について検討する必要があるのではないかと思っての質問であります。この点について教育長はどのように取られているのかお尋ねいたします。

 

回答) 1人1台タブレットの導入に当たりまして一番大切にしたことは、何のために導入するのかというビジョンを明らかにすることです。教育委員会では、ひとが育つまち益田の理念の下、Society5.0で実現する社会に向けた人材育成を旗印とし、教職員がこの考えを共有し指導を行うことが必要だと考えております。

 指導体制としましては、これまで行ってきました実証事業等で培われた指導力を横展開するため、益田教育事務所と連携し、指導主事の学校訪問を強化していくこととしております。以上です。
 

問)専門性の重要性はやはり認識されておりますが、これから今の、先ほど最後に言われました民間の支援をいただくということなんですけど、ここらあたりが非常にやはり重要な観点になるんじゃないかと思っておりますので、できるだけ視野を広げて取り組んでいただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、最後の質問になりますが、今後民間では主流になるであろう5Gにおける活用事例が多くなってくると、市民生活の日常生活が非常に格段に向上、変化へと進化することは容易に予測できるところであります。

 総務省においては、国、地方を通じたデジタル・ガバメントの推進として、ビヨンド6Gや5Gなどへの先端技術への戦略的投資を積極的に行っているところであり、益田市の2022年度改定予定の益田市情報化推進プランでは、大幅な改定見直しが必要であることになると私は思っております。コロナ禍における新たな日常を通じた質の高い経済社会の実現を見据えた益田市情報化プランにおける今後の戦略について、どのような戦術、プランを描いているのか、市長に最後にお尋ねいたします。

回答) 次期益田市情報化推進プランは、今後情報化推進プラン策定委員会等を設置し、国や県の施策に沿って、その時点での時代背景に応じ策定を進めることになると考えております。

 新プランの策定に当たっては、全市域に敷設した光ファイバーケーブルの運用や、マイナンバーカードの普及に並行し、本市での独自活用策など本市特有のものを新プランに盛り込むことも考えられます。

 また、現在実証事業として取り組んでおりますIoTなど先端技術の活用に当たっては、その後の実装など光ファイバーケーブルのさらなる活用も含め、プランに盛り込めるように検討いたします。

 その他、以前議員から御指摘のありました交通、物流、移動といった項目も含め、今後国の施策等に関する情報収集を密に行い、専門家の知識と技術を盛り込んだプランとなるよう、今後協議し、検討を進めてまいりたいと考えております
最後に)市長のお考え、独自活用プランということも考えられておるようで、これから先の5Gの世界というのは非常に新しい分野に入っていくんじゃないかと思っており、今までに考えられないようなことが起きてくるんだと思いますが、それを先取り、後れを取らないようにしっかりと戦術を立てていただきたいと思っております。

 日本のICT化はまだまだ後れております。理由はやっぱり、地域社会、学校現場がIT化の重要性を認識していなかった、感じていなかったと思っております。地方における不十分な環境整備もあったかと思いますが、これからは1人1台、クラウドの活用、教育現場も大きく変わってきます。

 通信環境を含め、導入前からあらゆる角度から検討が非常に重要であると私は認識しております。5年後には授業や校務などがどのように変わるのか、これらの疑問に答える明確な教育指導、先端技術活用イメージができていなくてはならないと思っております。
デジタルトランスフォーメーション、デジタルによる未来への変革と進化、これの重要性を認識して取り組んでいかなくてはならないとの思いでの今回の質問であります。

 未来のひとづくりビジョンとして、教育委員会をはじめ学校関係者による情報化に関する推進において、文部科学省におけるエドテック活用をした教育ビジョンは、児童・生徒、教師、行政を含め、目指す未来像、すぐにでも着手すべき課題、今後深掘りさげる中・長期的な課題を整理して実施すべきと明記されております。

 児童・生徒における公正に個別最適化された学び、教師には指導の質の向上、負担軽減、行政には各種データの規格化、効率化により、教育ビッグデータを適切に共有、活用する環境を早期に実施することが、益田市の教育に寄与するものと確信しているところであります。

 誰一人取り残さない教育ビジョンの成功に向けて、明確な運用計画、活用ガイドラインを作成していただくことを提案して、質問を終わります。ありがとうございました。

  • Category:
  • Author:hzq00216