baserCMS

NEWS RELEASE 新着情報

2019年を迎えて

2019年(平成31年)新たな猪年を迎え、平成時代を終える年をむかえました
益田市も五輪キャンプ自転車事前誘致に成功し、自転車のまちづくりへ向けて、新たな取り組みが始まろうとしています。
4月からは新元号の元、益田市政もスタートします。6月議会における新年度予算審議を終えると、8月には任期満了に伴い「益田市議会議員選挙」が実施されます。
1期4年間の議員活動の真価が問われることになりますが、残された任期を全うすべき、取り組んでゆく所存であります。
2期目を目指して頑張ってまいりますので、今後とも、ご支援とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。
IMG_8302.JPG

益田市行政課題
 1.山陰自動車道と拠点整備(道の駅)
    自動車道建設開通に伴う将来必要な拠点整備計画
 2.地区振興センター廃止と公民館のあり方
    地域活性化と公民館のあり方における整合性
 3.水道料金改定と水道事業
    施設老朽化と水道料金改定
 4.ひとまろビジョンの今後
    萩ケーブルネットワーク(株)再建計画と対応
 5.第三セクター事業対策(美都温泉・匹見温泉・きのこハウス)
    今後の補助金支援と運営対策
 6.萩・石見空港対策
    IN・OUT対策と観光商品開発
 7.国民健康保険税の今後
    人口減における税収対策と基金対策
 8.益田市歴史文化基本構想と観光事業対策
    日本遺産認定を目指した自転車観光まちづくり
 9.下波田埋立処分場対策
    10年後の用地確保と早期着工目標対策
10・石見臨空ファクトリーパーク拠点工業団地対策
    企業誘致対策と環境整備
12・今後の小中学校のあり方
    社会性育成機能の低下と少子化における学校づくり
13・少子高齢化と福祉事業対策
    人口増・転入対策と財政確保対策
 
今後取り組まなくてはならない、主要な事業をあげてみました。
緊縮予算のなかで、取り組まなければならない市政課題と思っております。
議会も行政・市民一体となって取り組んでゆくかなければなりません。
今後とも、ご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。